NHKカルチャーラジオ 漢詩をよむ

www.nhk.or.jp

 

趣味・教養>カルチャーラジオ 漢詩をよむ で、ストリーミングがあるので、ラジオ放送の時間の都合が合わない人もそれで聞けます。

今期のテーマは「美 こころへの響 季節の中で」。

朗読、解説、その後に先生が中国語で詠んでくれます。よいですよ。聞いてみてください。

 

 

「人口減少ボーナス」

 

『世界』2021年5月号(Vo.944)

『世界』2021年5月号(Vo.944)

  • 発売日: 2021/04/08
  • メディア: 雑誌
 

 『世界』5月号では、人新世(ひとしんせい)に関する記事がいくつか出ていますが、そのひとつJ.A.トーマス他「人新世」に出てきた日本学者ピーター・マタンレのいう「人口減少ボーナス」(p112)、これは人口減少は人新世を生きるためにはプラス要素になり得るとのこと。くわしくは『世界』5月号を読んでみてください。

 

1950年代から急速に発展した人間の大量消費社会が既に地球全体に影響を及ぼすもっとも強い因子になってしまっているという「人新世」、われわれ人類を含めた地球という生態系を維持するためには、これまでの人の生き方、経済活動の仕方を改めなければならない。各国単位ではなく、経済活動でつながっている地球全体で取り組まなければもう間に合わない。そういうことのようです。人間は地球を適切に管理しなければならない、と。

 これまでのやり方ではもうだめだ! となると、お先真っ暗な気分になったりもしますが、「人口減少ボーナス」という言葉が出てきているのを見て、これまではマイナスだと思っていたことが、逆にプラスに転じるかもしれないという気配もありますので、落ち込みがちな人は、そうなる自分の思い込みから脱するきっかけになるかもしれませんよ、「人新世」。『世界』で読んでみてね!

 

さて、人が生きるために地球全体を管理する、とかいわれると、星新一『ボッコちゃん』所収の「生活維持省」を思い出します。というか、私の引き出しには星新一くらいしか入っていないので、何か見ると星新一思い出すわけですが、大人になってから読むとまた味わい深い、子どもの頃は気がつかなかったスゴみに気づく、星新一。おすすめです。

 

ボッコちゃん(新潮文庫)

ボッコちゃん(新潮文庫)

 

 

 

 

 

ブリのぼり

www.coolkagawa.jp

 

東かがわ市引田の安戸池に、一風変わったこいのぼりが設置されている。子どもの健やかな成長を願い、コイに代わって空を泳ぐのは地元特産のブリやハマチ。市が「ブリのぼり」と銘打って初めて設置したもので、風を受けて気持ちよさそうにたなびいている。

東かがわ市引田の安戸池は、ハマチ養殖発祥の地。地域ブランド「ひけた鰤(ぶり)」がある。

ブリのぼりは布製、
2メートル:ブリ;
1.5メートル:ハマチ;
1.2メートル:ツバス;
という設定。

リンク先のページに写真が出ているので見てあげてね!

 

 

 

クルーズ船 乗客1人 コロナ感染

www3.nhk.or.jp

 

ニュースで見て、「え、クルーズ船、まだやってたの?」という軽いおどろきがあったのでメモとして。記事によると対策はした上でやってるようだが。

 クルーズ船。 ま、オリンピックにくらべるとたいしたことないけどね……

ヤマトサウルス・イザナギイ

www3.nhk.or.jp

 

兵庫県淡路島でおよそ7200万年前の地層から見つかった化石が新種の恐竜のものだとわかり、島ゆかりの神話にちなみ「ヤマトサウルス・イザナギイ」と名付けられました。
この化石は、17年前の平成16年5月に兵庫県洲本市のおよそ7200万年前の白亜紀末期の地層から、県内の化石の愛好家、岸本眞五さんが発見しました。

 

明るいニュースです! 化石愛好家が発見、というのがまたいいよね😊

この調子でどんどんいってもらいたい、イザナミイやスサノオウも出てきて欲しい。

 

兵庫県人と自然の博物館で、臨時展示があるそうです。5月12日~7月11日。
くわしくは下のサイトで。

www.hitohaku.jp

 

 

 

 

ホテイエソ

 

リンク先のツイートをクリックすると、下にも写真や動画があります。

ホテイエソ、はじめて見ました。真っ黒で、丸まる様子見てると習字してるみたいな気分になる。