宮崎県でチョウザメ

www.yomiuri.co.jp

養殖以外は国内にいないはずのチョウザメ100匹超捕獲、養殖業者「逃げ出していない」

 宮崎県内の大淀川水系で今年、国内には分布していないはずのチョウザメが、ウナギ漁などの際に100匹以上捕獲された。養殖場から逃げ出したとの見方もあるが原因は不明だ。10月以降は急減しており、餌を捕れずに死滅した可能性もあるが、ウナギの漁期が終わったため、捕獲が減ったとの見方もある。定着すれば生態系への影響も懸念されるだけに、関係者は注視している。(山崎祥太)

(中略)

県がチョウザメの胃の内容物を調べたところ、カゲロウなどの水生昆虫を食べていたことがわかった。チョウザメは素早く動く魚を捕るのは苦手といい、県水産政策課の谷口基もとき主幹は「水生昆虫やカニなどは大淀川に多くは生息していない。餌が捕れずに死滅する可能性が高く、繁殖の恐れは低い」と言う。

 ただ、県によると、ウナギ漁が10月1日から禁漁期間に入ったため、チョウザメが捕獲される機会が減ったことが原因との見方も残る。シベリアチョウザメは寒さに強く、餌さえ捕れれば冬を越せる可能性もある。

 大淀川の生態系に詳しい生物学習施設「大淀川学習館」(宮崎市)の日高謙次・主幹兼業務係長(41)によると、チョウザメの餌は、絶滅危惧種の魚アリアケギバチと重なるといい、「このまま宮崎の川に居着いてしまえば、生態系への影響も懸念される」と語る。県は漁協にチョウザメに関する情報提供などを要請している。

チョウザメといえばキャビアキャビアといえばロシアのイメージがありましたが、いまはキャビアは養殖の時代、中国が主要生産地だそうです。

www3.nhk.or.jp

 

日本でも養殖をしていて、そこから逃げ出したのかと思いきや業者は「逃げていない」と。それで謎が深まっている。養殖が盛んになったのは天然のチョウザメが乱獲や環境汚染で減少したからだそうですが、なぜか宮崎県に天然が現れている! 

 人には関係ないところで、他の生物の事情や都合で起こっている現実があるんですね。今年はそういうニュースが多い年だったな。人間はあんまり外に出られなくなってるし。

 

 

 

 

坂出沖で旅客船が漂流物に衝突し、沈没

www3.nhk.or.jp

香川県坂出市沖で「株式会社高松海上タクシー」が運航する19トンの旅客船が漂流物に衝突して沈没、駆け付けた漁船などが救助にあたり、乗客乗員は全員無事。3人に低体温症などの症状があって病院に運ばれた、とのこと。

 

児童たちとともに乗船し川津小学校の白川豊浩校長によりますと、きょう午後4時45分ごろ、船に突然、「ドン」という衝撃音があったということです。

 

本日の四国新聞でも大きく取り上げられていましたが、その記事でも衝突した「漂流物」というのが何かは書かれていませんでした。 現在調査中ということでしょうか。

 

 さて、「漂流物?」という謎が残るため、ニュースを読んで想像が広がります。まず、昨日ですが雨も降らず全体としては穏やかな一日でした。でも、午後4時ごろでしょうかね、急に風が強くなりましてね、屋内にいても風が強くなったなと思うほどに、そして方々で犬が鳴くのが聞こえたんですよ。あ、何か起こる? と、不穏な気配を感じました。しかし強まった風もすぐ通り過ぎて、そういう雰囲気も十数分くらいで消えましたね。

 そういうことがあったので、ニュースを見て、「あ!?」みたいな気がして、個人的な思い出としてはその日の出来事としてつながってしまいました。そして、今朝のニュース、新聞を読んでも衝突した「漂流物」というのが何かはっきり分からないので、するとですね、私の怪獣映画脳が駆動し始めて、海中を泳ぐ巨大生物を幻視してしまうんですよ! 

 「漂流物」って何? 気になりますよね。巨大生物だったらいいんだけど、潜水艦だったりしたらほんとに怖いですもの。というわけで、続報待ちのニュース、ですね。

 

 追記: 船が岩に衝突した可能性も

www3.nhk.or.jp

これまでの捜査関係者への取材で、船長が海上保安部の調べに対して、衝撃音がして浸水が始まる直前に、岩場のある海域を航行したと説明していることのほか、現場周辺の岩に何かですったような痕があることが、新たに分かりました。

海上保安部は、船が沈没の前に岩に衝突した疑いもあるとみて詳しい状況を調べています。

 

 

九十九里浜に大量のハマグリ打ち上げられる

www3.nhk.or.jp

 

今月中旬以降、千葉県の九十九里浜の海岸にハマグリが大量に打ち上げられているのが見つかっています。原因は分かっていませんが、地元の漁協では漁場を守るため一般の人に勝手に持ち帰らないよう呼びかけています。

(中略)

大量のハマグリが千葉県の九十九浜に打ち上げられていることについて千葉県立中央博物館で貝類の研究をしている黒住耐二 上席研究員は「現場は見ておらず、映像で確認しただけだが、本当に驚いた。ホッキ貝などでは報告はあるが、ハマグリが大量に打ち上げられる事例は聞いたことがない」としてはっきりとした原因はわからないとしています。

そのうえで「あくまで推測になるが、水温の変化などでハマグリが弱り、海底の砂の中から出てきたところに、強めの波が来て打ち上げられたのではないか」と述べました。

また、「打ち上げられているのが大きなハマグリばかりなのも不思議だ。ただ、人間でも大人と子どもで環境への対応力が違うように、ハマグリも大きさによって影響の変化の受け方が違う可能性はあるので、大きなものだけが影響を受けるような変化が起きたのかもしれない。逆に、いろいろな大きさのハマグリが打ち上げられていたけれども小さなものは波が引く際に海に戻されて、大きなものだけが残ったのかもしれない」と話していました。

うーむ、またふしぎな出来事が。貝は口が堅いし、なんでかはわからないみたいね。

 

新型コロナウィルスは第3波が来ていますね。なぜか、ゴールデンウィーク、夏休み、そしてクリスマスシーズンと、楽しい時期を狙って来ているような気がします。人が動くから広がると見ることもできますが、通勤電車なんかはだいじょうぶみたいでしょう? コロナちゃん、困った子だ。

 

 

鳥インフルエンザ

www3.nhk.or.jp

 

香川県ではこれがトップニュースですね。四国新聞でも連日大きく伝えています。鶏舎は金網やカーテンで周囲を覆って外から野生動物が侵入できないようになっているんですが、調べると小型の野鳥や動物なら入れる隙間ができていたそうです。野鳥なら飛んで行きますので、他の県でもチェックした方がいいのでは。

 四国新聞2020年11月13日から引用:

 県養鶏協会の志渡節雄会長は、相次ぐ発生による風評被害の拡大に気をもむ。

「養鶏業者はみんな懸命に努力している。県産の卵や鶏肉の安全性を理解してもらえるよう呼びかけるしかない」と訴えた。

『世界』2020年12月号では、富田沓子「アフリカからの報告 バッタの大発生と気候危機」が載っています。

 

『世界』2020年12月号(Vo.939)

『世界』2020年12月号(Vo.939)

  • 発売日: 2020/11/07
  • メディア: 雑誌
 

すでに広い地域で大きな被害を出しているサバクトビバッタですが、11~12月にかけて第二波となる大量発生が起きる可能性があるということ。

この記事は「シリーズ 気候と生命」の中のひとつです。ほかにも海の温暖化の影響が海の生物にも出ていることが伝えられています。くわしくは『世界』を読んでみてください。

 

生物、生き物、動物といえば、最近は全国ニュースでクマ出没事件が毎日のように報道されていますね。山里だけではなく、これまでクマが現れなかった住宅街にも出てきている。

 香川県ではイノシシ出没がよくニュースになりました。イノシシも山にいるんだろうなんですが、川や海を泳いで渡って来たりもするんですね。川を泳いでいる! と通報があったりしてます。そして、これまではまずイノシシなんかでなかった辺りの道を歩いていて突然イノシシにはねとばされて怪我をした例が出ています。

 新型コロナウィルスも含めて、今年はもの言わぬものたちが人間社会に存在感を見せつけてきた年になるのかもしれません。

 

 

 

『世界』の日本のコロナ対策の軌跡を追う連載

 

世界 2020年 12 月号 [雑誌]

世界 2020年 12 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/11/07
  • メディア: 雑誌
 

 10月から連載している

  • 河合香織分水嶺 - ドキュメント・コロナ対策専門家会議」
  • 山岡淳一郎「コロナ戦記」

は、もっと大勢に読まれて話題になるべき。またコロナ感染者が増え始めているし、これまで日本ではどのような対策がなされ、どこがよくてどこがよくなかったのか、みんなが知っておいたほうがいい。ネット上の細切れの情報ではわからないことや誤解されることが多々あったことも分かります。

山岡淳一郎は「コロナ戦記 第一回 永寿ケース」で

パンデミックは続いている。厳しい事実を掘り起こして経緯を明かし、今後の再流行の大きな波への備えにしたい。それが、親族に見送られず、病原体に追い立てられるようにして逝った人たちへの私流の鎮魂でもある。

(引用元:『世界』2020年10月号 no.937)

と書いています。

 娯楽読み物誌の性格が濃い『文藝春秋』に比べると、『世界』はお堅いので食わず嫌いの人も多そうだが、この二つの連載は週刊誌読むのが好きな人ならおもしろく読めるでしょう(こういうプッシュが『世界』的にいいのかどうかはわからないが……)

 

アメリカ大統領選挙はまだもめていますが、私はトランプファンなので、トランプさんがゴネたければとことんゴネればいいと思っている。トランプさんは政界人よりは一般人に感覚が近いみたいで、不正のかけらが見えたら「おかしい!」と本気で怒るのだろう。政界人はもっとクールにその辺も含めた上でのゲームだと認識していそう。

というわけで、中国やロシアがへへーん♪になってるんだろうね…… 

 

新型コロナの「10の知識」公表へ 最新情報まとめる 厚労省(10/30)

www3.nhk.or.jp

 

マスク、手洗い、三密避ける、など、まだ注意が必要なのですね。

 

もう10月も終わり、この年齢になると1年あっという間という感覚がデフォになっていましたが、今年はちょっとちがって期間が長く感じられるような気がします。おそらく、1月の終わりくらいから新型コロナウィルスのせいで日本でも生活様態が変ったり、自粛期間があったりしたせいなのでしょうね。

 今年のお正月にはカミュ『ペスト』新潮文庫を読んで、その感想を書いた時には「ネズミの死骸が見つかってから、また町にネズミが戻ってくるまでのおはなし、子年にぴったりかも!」というノーテンキな感想しかありませんでした。まさか1月に武漢で都市封鎖が現実になるとは想像もしてなかったですね。