『世界』2022年9月号 武井彩佳「歴史否定論と陰謀論」

『世界』2022年9月号(Vo.961) 岩波書店 Amazon 歴史修正主義の強毒化変異体のような歴史否定論。SNSの普及でかつてはアングラに押しとどめられていた言説が拡散されるようになり、中世からなじみ深い陰謀論の語りを混ぜることで聞く耳を増やしてしまう。オル…

『世界』2022年9月号

『世界』2022年9月号(Vo.961) 岩波書店 Amazon 阿部海太「民話採光9 船から眺む星々」 夏向きの涼しげな色彩、メロンソーダみたいな。ボートに乗って中空に浮かんでいる男は天から地上に流されているところ、「あーっ………」な気分かな。夏の切なさ、クール・…

レインボーユーカリ

レインボーユーカリ(rainbow eucalyptus)と言う木が有るのを知った。多くの色をもつ樹皮で、毎年異なる時期に落脱し、明るい緑色をした内側の樹皮が現れるがその樹皮も時間が経つにつれ、青、紫、橙、えび茶色に変化するそうだ。こんなペンキを垂らしたよ…

チリ北部の謎の大穴 どんどん広がる

news.livedoor.com 原因は調査中とのこと。銅山の近くでの出来事。 星新一の「おーいでてこーい」思い出しますね。

ホワイトハウスに落雷

怨霊の仕業みたいになってんな…… https://t.co/lC6RwTmAmz — 織部ゆたか (@iiduna_yutaka) 2022年8月8日 ザワヒリ暗殺やペロシ台湾訪問が、中間選挙にらんでの民主党やってますアピールだったてんのなら、雷落とされてもしかたないと思った。 (でもそれくら…

『世界』2022年8月号 村井敏邦「サイバー警察局の設置は何を意味しているか 国家警察への回帰」

『世界』2022年8月号(Vo.960) 岩波書店 Amazon 本年3月3日、警察庁にサイバー警察局を設置する警察法改正法が成立した。 この法案については、自治体警察制度を形骸化し、警察制度が中央集権化されるのではとの危惧から、弁護士や学者らが早くから声明を発表…

カエンタケに注意!

【カエンタケに注意】最近県内で、樹林地のナラ枯れ被害が出ていますが、こうした樹林地には猛毒キノコの「カエンタケ」が多く発生する事例が確認されています。触るだけでも大変危険なキノコですので、見つけても絶対に触れないでください。 pic.twitter.co…

リュウグウノツカイ、から揚げられる

www3.nhk.or.jp リンク先の写真、こうやって数人がかりで持ち上げて見せてくれると、どれだけ大きいかがよく分かりますよね。すっごく、大きい! これが暗ーい深海をゆらゆら泳いでいる絵が頭に浮かんできて、わたしなんかすぐおとぎばなし脳が駆動し始めて…

絶滅危惧種「ニホンザリガニ」ネット取引が急増

www.sankei.com 北海道大大学院の田中一典専門研究員は「生息場所によっては乱獲による絶滅が懸念される」と指摘。ネット販売の規制や、一部自治体で実績がある条例による捕獲禁止といった対策の拡大を求めている。 昨日の四国新聞にはもっとくわしい記事が…

ふたりのネコさん

じゃれついてるかわいい〜☺️ って思ってカメラ回しながら近づいたら、静止して猫同士アイコンタクトした後同時に倒れる謎の映像撮れました#うちのねこ pic.twitter.com/SqsVzFVqHZ — 横川ぽんぽこ (@ponpokokko) 2022年7月30日 ブックマークのコメントで、お…

北海道で急増する「クマ出没」

www.uhb.jp 夏休みに北海道に出かける方もいるでしょうから、情報として。 「墓参りのお供え物は持ち帰って」 これはクマが出没しない地方でも、タヌキやアライグマ、イノシシなんかが出るところは「お供え物持ち帰り」はした方がいいのかなって。

「どうぞ良い週末を。」

pic.twitter.com/R2Ca816TYh — 株式会社石井マーク (@ishiimark_sign) 2017年8月4日 いま、わたしたちに必要なのは ↑これ ですよ! ありがとう、石井マーク! 株式会社石井マークのツイッターで見られるイラストはいいですね! 大好き! 「正しい脚立の使い…

オトヒメクラゲ

www.msn.com 噂の新種クラゲ、オトヒメクラゲがいました!が、小さい!!!し、生きてない!標本展示なんだって。キレイだけど、こんな小さいの、よく見つけるよなぁ。8ミリしかないんだってよ!ヒェーー!! pic.twitter.com/fpCsijvFCv — みっしぃ│夫婦カ…

内田聖子「デジタル・デモクラシー 第8回 暗躍するデータブローカー」

『世界』2022年8月号(Vo.960) 岩波書店 Amazon 2021年、米カトリックの司祭が、同性愛者向け出会い系アプリ利用とゲイバー通いが発覚して辞任する、という騒ぎがあった。 カトリックが同性愛に不寛容なことにおどろく人はいないが、この事件で司祭がアプリ使…

ナマコはお食事中

ナマコが食事をする方法、これは知らなかった… pic.twitter.com/fLlJDLl5kK — 最多情報局 (@tyomateee) 2022年7月19日 前にも紹介した気がするんですが、この動画の方がより分かりやすく食べてる絵になってる。 お昼、しっかり食べようね!

イシガキフグ 四国水族館

www.shikoku-np.co.jp shikoku-aquarium.jp 四国水族館で会えるよ! ありがとう、さかなクン!!!

『世界』2022年8月号

『世界』2022年8月号(Vo.960) 岩波書店 Amazon 阿部海太「民話採光 8 絵は夜闇に抜け出でて」 今回のおはなしは信濃の民話「絵にかいた猫の手がら」、お絵かき好き、絵本好き、ぬいぐるみ愛好家にはたまらないおはなし、自分が中に入っていきたくなるような…

トビウオ

6月のトビウオ、細部まで 美しいと思う。#トビウオ #Flyingfish pic.twitter.com/rMI3Axisgq — T.OKANO (@shirokito) 2022年7月15日 おお、これは!😍 一幅の絵ですね! (下には「美味しそう」というコメントがつづいていますが、たしかにおいしそう……)

脚立の正しい使い方

pic.twitter.com/7mVQRKu4bA — 株式会社石井マーク (@ishiimark_sign) 2022年7月15日 リンク先、下にも記事が続いています。見ておこう!

1億2千万年前(白亜紀前期)の二枚貝

www.fukuishimbun.co.jp 福井県立恐竜博物館(勝山市)は7月13日、勝山市北谷町杉山の約1億2千万年前(白亜紀前期)の地層で発掘した二枚貝の化石に、生息当時の模様が確認できたと発表した。淡水の二枚貝化石での確認は日本初で、世界でも2例目。系統…

吊し狸(アナグマ?)

吊し柿ならぬ吊し狸(アナグマ?)‼️知人宅で柿泥棒中に歯が紐に引っかかり宙ぶらりん状態で発見されたその後無事に救助されお山に帰って行ったそうです pic.twitter.com/RuJlKtXtGk — 猫♥猫 (@neko_chan210) 2021年12月11日 こうなるにいたった経緯を想像して…

ロバート・ケネディ暗殺事件

安倍元総理を暗殺した山上容疑者の供述が少しずつ報道されてきてますが、彼が安倍元総理を狙う、と決めていたのはまちがいない。だから、通り魔みたいな殺人とはちがった犯罪だと認識しました。 山上容疑者が安倍元総理をターゲットにした理由ですが、安倍元…

コスタリカの銀色甲虫

コスタリカにて「自宅の敷居内で信じられないほど完璧な銀色の甲虫をみつけたよ」という投稿。ほんと、鏡みたい。このあと木に戻したらすぐに飛んでいったとのこと。https://t.co/grzQrYIR4H pic.twitter.com/GW9woxe6PB — 山田ホタテ (@camparired) 2022年7…

安倍元総理暗殺で思い出した映画

パークランド - ケネディ暗殺、真実の4日間 Amazon.co.jp: パークランド―ケネディ暗殺、真実の4日間(字幕版)を観る | Prime Video (アマゾンプライムなら今見放題になってる) ケネディ暗殺事件が起こった際の、病院やシークレットサービス、地元警察、ま…

安倍元総理、銃撃され死亡

www3.nhk.or.jp 四国新聞にくわしい記事が出ていますので、これからじっくり読みます。 以下はとりとめのない私個人の感想になります。ここまでのニュースを読んで思ったことでしかないです。 伝えられる山上徹也容疑者(41)の供述から察するに、政治的動機…

「猛暑なのに、セミの鳴き声が聞こえない」のは、何故?

topics.smt.docomo.ne.jp ――ところで、こんなに暑いのにいまだにセミが鳴かないのは、何か理由があるのですか? なんか天変地異の前触れみたいで、気になるんですが……。 「セミに限らず、昆虫が成長するためには温度の積み重ねが必要なんです。これを有効積…

カツオノエボシ その2

海にインスタ映えそうな餃子が落ちてても絶対に触れないで!!こいつはカツオノエボシ「電気クラゲ」「Floating Terror(浮遊する恐怖)」とも呼ばれ、刺されると長時間激痛を伴い、死亡例もある現在神奈川の海岸で大量発生中!海水浴の時は水面などにも注意…

いおワールド鹿児島水族館

「いいですか、にんげん。」みたいになってる pic.twitter.com/cycbrrBZyq — 空白寺 (@vanity_temple) 2022年7月2日 いいねぇ♪

『世界』2022年7月号 日下渉「「独裁ノスタルジア」の反乱 ー フィリピン2022年大統領選挙」

『世界』2022年7月号(Vo.959) 岩波書店 Amazon 5月9日のフィリピン大統領選挙で、あのマルコスの長男ボンボンが圧勝、マスコミはソーシャルメディアの偽情報に大衆が踊らされた結果だと見なした。しかし、それだけでは片づけられない有権者の気持ちがあった…

サメとシャチ

pic.twitter.com/NcZcBsmtnW — スシ (@MS18E_SUSHI) 2022年7月1日 下に続いたコメントに「シャチってやっぱり哺乳類なんだなぁ」とあるので、それでこんなに骨格違うのね。サメは、やっぱお魚なんだなって。 みんな知ってることをここで一人でうなづいてるの…